デオドラントで肌荒れトラブル!どうして起きる?対策紹介

deodoranto

制汗剤や制汗デオドラントが常時手放せない、鞄にはいつでも常備しているなんて人は珍しくありません。

スプレータイプや軟膏タイプなど様々な商品がでていますが、正直どれを選べばいいのかわからないなんて人は多いのではないでしょうか?

そのような状況の中でデオドラント商品を使ったことによる肌荒れで悩む人も増加しています

デオドラントを常用している人はどんな症状で悩んでいるのか

症状としては赤い発疹ができる、肌が乾燥する、痛みや痒みがでるなどがあります。

その原因は一言、商品が体にあっていないと言ってしまえばそれまでですが、細かく言えば使用する際に使用部分に傷や発疹などがあった場合や、使用頻度が高すぎた、肌が商品に使われているいずれかの成分に合っていないなどの理由が考えられます。

殺菌効果をもつ各種成分や香料や着色料などの添加物など原因はいくつも考えられます。

ただでさえ制汗デオドラントを使用するワキなどはデリケートな部分ですから少しでも問題があれば体になんらかの症状が出ることは容易に考えられることです。

デオドラントをそれでも使い続けると

deodorantomen

上記のような症状を放置して肌に合わないデオドラント剤を使い続けていると症状は悪化していきます。

毛穴に膿がたまってしまったり、しこりができて痛んだりします。

そこまで進んだらもうワキの臭いなどといっている場合ではありません。直ちに使用をやめ皮膚科を受診する必要があります。

皮膚科の処方薬でも肌荒れが生じるケースがある

他にも臭いがきつくなってしまう可能性があります。肌荒れがおきると肌はアルカリ性に傾きます。

雑菌はアルカリ性を好むのでアルカリ性となったわきの下は雑菌が繁殖する格好の場所となり雑菌がどんどんと増え臭いはより強くなってしまうのです。

まともに、わきが臭もケアできず、さらに肌荒れがおきてしまうのでは、わきの下におけるダブルの悲劇といっても過言ではないでしょう。

肌荒れなどのトラブルを未然に防ぐためには

このようなデオドラント商品によるトラブルを未然に防ぐためにはどうするべきでしょうか?

まず傷や発疹がある場合には使用を避ける事と必要以上に依存しすぎないことが大前提です。

そして自分に合った商品を選ぶことが必要です。

肌が弱い人は香料や着色料などの添加物が入っているかチェックする必要がありますし、自分がどのような体質かを把握しどの程度の効果を持つものを選ぶか考える事も必要です。

肌荒れが気になる時は無添加や天然成分のものを!

肌荒れが、少しでも気になる時は、早めの対処が必要です。その場合、無理にたくさんの成分が配合されたデオドラントを使うのは余計に症状を悪化させるだけです。

ですが、わきがだと知りつつデオドラント抜きの生活を送るのは、周囲から後ろ指をさされたりしないか、マナー違反にならないかなどとマイナスに考えてしまいます。

わきが臭くて周囲に迷惑かかっている?

特に、仕事をしている人や、必ず人と交流のある人にとってみれば、デオドラント剤を使用することで、精神的に安定するという利点もあるのです。

ですから、肌アレするからデオドラントケアは諦めていたという人は、少し視点を変えて、無香料や無添加や、アレルギー敏感肌対応、柿の葉エキスやタンニン成分などのオーガニック系のわきがクリームをセレクトするのが理想です。

「わきがだからとにかくにおいを抑える成分が配合されたデオドラントをつけたい」

「わきがを抑える強い成分で肌荒れしてしまった」

「肌荒れが繰り返されて色素沈着をおこす」

このように負のサイクルに突入してしまわないためにも、強い成分を優先するより、肌荒れリスクを抑えたケア品を選びましょう。

わきが症状の程度に合わせた成分を検討する!

強いワキガ体質でとにかく効果の高いものが必要だというならば殺菌効果の高い「塩化ベンザルコニウム」や長時間の持続性のある「銀」などが配合されたものを選択しましょう。

そこまで強いワキガではないが気になるという人は「フェノール」などが配合された物がおすすめです。

ワキガではないけれどエチケットとして制汗デオドランドなどでケアしておきたいという人は植物性の消臭効果のあるスプレーウェットティッシュで拭くだけで十分だったりもするでしょう。

はじめから症状の軽いわきがに対して強い成分を使ってしまい、逆に肌荒れ悩みの方が深刻になってしまったという人も少なくはありません。

肌荒れがこわくてわきがケアができない時

deodorantokoku

今までのデオドラントケアで、肌荒れに悩まされてきた人は、次に使うケアにも不安を感じるものです。

高い商品であればあるほど、使ってみたい気持ちはあるけれども、もし肌荒れしたら…という気持ちが先行してなかなか購入まで至らないケースは少なくはないでしょう。

トライアルやミニボトルからスタートする方法

最近は、デオドラント専門の会社が、トライアル商品や、サイズ別商品で提供しています。

それだけ、わきがでも悩み、肌あれも心配というユーザーが多いのでしょう。

肌荒れが心配ならば、一番小さめのサイズからスタートさせるなどしましょう。

容量が少ないサイズほど使用日数は少なくなりますが、コスパ的には良いため、お試し的にスタートさせるにはもってこいです。

返金保証のあるわきがクリームを使用してみる

最近は、肌の弱い人にも安心して使用してもらえるようにと、安心な成分だけでなく、保証面を手厚くしているわきがクリームが多数あります。

化粧品と違って、サンプル品などを提供する販売会社は少なく、お試しをせずに、すぐに現品を購入するのはちょっと…という人向けの保証ではないでしょうか。

返金保証は、各メーカーによって使用から何日以内、事前に電話連絡が必要、送料負担などの条件こそありますが、肌あれが気になってチャレンジしかねている人にとっては、とてもありがたいシステムです。

子供の弱い肌には特に注意!

思春期頃になると症状として現れるわきが体質も、周囲からのいじめに合わないようにと願う親の気持ちが、強めのデオドラントを無理に使わせてしまうケースも少なくありません。

子供の肌は大人と比較すると、抵抗力が弱く、強い成分の製品を本格的に使い始めるには、まだ早いという考え方もあります。

さらに、成長期に分泌される過剰ホルモンが、ニキビや肌荒れの原因になる事は少なくないのです。そんな安定しない肌状態に、さらなる肌アレリスクを与えるのは親としても考えるべき点ですね。

子供のわきがは深刻な問題!しっかりと対策してあげたい!

香料なども禁止の学校が多い!

また、市販のデオドラント剤は、香料で体臭を抑える効果を持つものが多いです。

体臭のきつくない人が、こうしたものを軽いエチケット的に使用する分には効果もありますが、わきが体質の場合は、デオドラントの香りとわきが臭が混じりあって、余計に不快なにおいを放つ事になるでしょう。

また、学校の決まりで、強い香りなどが禁止されていることも少なくはないでしょう。

思春期のわきがは、深刻なものです。

成長期であるため、積極的に手術がすすめられる訳ではありません。

そんな時はやはり、子供の肌でも無理せずに使用できる、低刺激で香料の強くないわきが専用クリームがオススメです。

中学生のお子さんがワキガだった時の対策方法

アトピー体質の人は要注意!

市販のデオドラント剤には、肌に刺激を与えてしまう成分が含まれています。

もともと深刻なアトピー体質の人はデオドラント剤すら使用を控えている事でしょう。

ですが、軽いアトピー体質の人が市販のデオドラント剤を使って、益々症状がひどくなったという人は少なくありません。

アトピー体質の兆候が少しでもある人は、無添加で、安心できる成分のわきがクリームがオススメです。

まとめ

最初に述べたとおり制汗デオドラントは常時手放せない毎日使うものです。

毎日使用する物ですから安易に選ぶことによって生じるデメリットを考えると選ぶのにいくら慎重に選んだとしても慎重になりすぎだということはありません。

自分の体質や成分を把握してじっくりと吟味し選ぶ事が大切です。

また、安心とわかっていても、心配な時には、少ない量のボトルや、返金保証などを利用するのがオススメです。

wakigakri-muosusume

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ