外国人のワキガ事情!日本人とのギャップとは?

57eefa12885e9f203abcf30cf920e80c_s

日本人は外国人(黒人や白人)と比較すると、ワキガ体質の人はかなり少ないです。

日本人だけでなく、同じ人種である中国人や韓国人のほとんどにワキガ体質はいないのです。

一方で、

黒人で100%、白人で80%の割合がワキガ体質だといいますから、外国に行けばほとんどが、ワキガ体質で、差別する風潮もないのです。

それが当たり前という認識から、軽いワキガならば、フェロモン作用さえ期待できて魅力的に魅せる武器という考え方の外国人もいるくらいなのです。

日本人は昔から清潔を好み、何かと言えば、無臭やナチュラルな香りを好みます。少しでも異臭を感じると嫌な顔をしたり、不快に感じたりするのも日本人独特の感性です。

こうした日本人の価値観の中で、約10%のワキガ体質の人は、自分のワキガ臭のニオイで周囲に迷惑をかけたり、後ろ指さされないかを気にしたりしながら日常を送る事も少なくありません。

ワキガ体質の日本人や、外国人のどちらも後ろめたい気持ちにならないようにしたいものです。

わきが臭くて周囲に迷惑かかっている?

外国並みにワキガケアが売れる日本

夏場になれば、ドラッグストアの特設に制汗剤コーナーが設けられます。

その種類の豊富さに驚かされますね。

制汗剤の王道と呼ばれるスプレータイプや、直塗りできるスティックタイプ、ロールオンタイプなど、形状や成分こそ違いはありますが、どれも脇汗やワキガ対策に対応するデオドラント製品ばかりなのです。

日本のデオドラントニーズは、食の欧米化や、国際結婚などによる日本人の体質変化などが、背景にあるのでしょう。

海外のデオドラント事情とは?

gaikoku-wakiga

海外製のデオドラント剤は、本当に効果的なものが多いです。

これは、日本よりもワキガ体質の人が多く、ワキガどの長い歴史があるからだと思います。

特に、外国人の体臭自体が、日本人よりも強いため、ワキガのにおいも強めに出てしまいます。

ですから、海外製のデオドラントは日本人の肌に合わなかったり香料が強烈すぎたりという事も生じてしまうため、海外製のデオドラントでも、日本人向けに作られた商品を使用したいものですね。

デオドラントで肌荒れトラブル

ワキがになりやすい食文化の主な例

ワキがになりやすい主な食事は、何と言っても肉と乳製品です。

特に、洋食では肉や乳製品をたくさん使用しています。

必然的にレストランなどの外食で洋食メニューを頼めば、ワキガリスクを高める事になるでしょう。

だからと言って、肉を完全に取り除く食生活は邪道といえます。

肉は体をつくる大事な動物性タンパク質です。

ですから、肉を必要以上に制限するのではなく、以下のようなものに注意して食生活を楽しみましょう。

また、海外から直接輸入されたような食品はまさに、外国人向けの脂肪や糖質が含まれているため、国産の食材に注目してみましょう。

わきがに良い食べ物と悪い食べ物を知って食事を見直す

肉類

すでにワキが体質で悩んでいる人や、これからワキが予防を希望している人は、脂身の少ない部位を摂取しましょう。

鶏肉は脂身が少なく、タンパク質豊富で豚肉や牛肉と比較するとアポクリン汗腺を刺激しにくいといえるでしょう。

また、同じタンパク質を摂取するにしても、植物性タンパク質である大豆製品などを、摂取するなどしたいものです。

乳製品

脂肪の多い牛乳やヨーグルト、チーズなどはアポクリン汗腺を刺激しやすいです。

ですが、乳製品にはカルシウムが豊富というメリットもあるのです。

低脂肪と記された乳製品を摂取するように心がけましょう。

その際、製品の裏面に記載されている脂肪率などをしっかり把握してから摂取したいものです。

刺激物

ついつい、お酒のおつまみに食べてしまいがちな塩辛い食べ物も、アポクリン汗腺を刺激しやすくなるでしょう。

唐辛子や胡椒などの香辛料を控えるなどしましょう。

糖分

スイーツなどにたくさん使用される砂糖などの糖分の取りすぎもワキガ体質を誘発してしまうでしょう。

砂糖をたっぷり使用したスポンジケーキやクリームなどの洋菓子よりも、それよりも糖分量を抑えた和菓子などにするなど工夫するのも良いでしょう。

日本のグローバル化がワキガ体質の原因

日本に、海外の方が来る事が多くなると必然的に恋愛事情も変化しつつあります。

国際結婚が増えると、その間に誕生した整った顔立ちやスタイル抜群のハーフやクォーターも増えますね。

ワキガ体質の外人の遺伝子が混じる事で、こうした子達にもワキガが高確率で遺伝する事も否めません。

ワキガは遺伝する?対策しても親から子供にうつるの?

華やかなビジュアルの陰で、ワキガ体質に悩むハーフやクォーターはたくさんいて、デオドラントをはじめ、ワキガ対策に苦悩している事もあるのです。

日本人の和食離れは、ワキガ体質を増やしてしまう?

もともと、外国人の肉、乳製品などを多く摂取する食文化は、ワキガに関係するアポクリン汗腺の発達を活発にするなどの影響を及ぼしてきました。

ワキガ体質の少ない国の食文化は、野菜や魚などを摂取している事が多いのです。

かつて、日本も野菜や魚中心の和食中心の食事でしたが、時代とともに食の欧米化がすすみました。

ジャンクフードなどを食する機会も増え、ワキガ体質になりやすい環境を作り上げてきたと言えるでしょう。

ハンバーガーなどをつくる時に使用される添加物なども、汗腺に刺激を与える事もあり、食の変化はワキガ増加に直結しているといえるのです。

もともと、ワキガ遺伝子をもっている場合、脂肪分の多い洋食や、刺激物を摂取する事でさらに、ワキガをエスカレートさせてしまうでしょう。

わきがと生活習慣の関係性

外国人はワキガ手術ができる?

gaijin-wakiga

国際交流豊かになった日本では、海外からの労働者、留学生など様々な形で日本に長期移住する外国人が増えました。

とくに、ワキガ体質人口の割合が多い国から日本に来た人は、自分のワキガ体質に後ろめたさを感じる事があるでしょう。仕事や勉学に励めなくなるほど、ワキガで悩む外国人も少なくないのです。

わきが手術失敗例と失敗しないための知識を得よう!

事実、ワキガ手術を受ける外国人も多い事からすると、外国人と日本人のワキガに対する価値観の違いに戸惑う外国人は多いでしょう。

母国では、周りがワキガ体質ばかりで、軽いエチケット程度のシャワーやデオドラントで過ごせていたのにもかかわらず、ニオイを嫌う日本人の中ではとても気を使って生活しづらいという理由なのです。

ちなみに、海外ではアポクリン汗腺を完全に除去する手術はあまり施されません。

重度のワキガを中度、軽度のワキガ症状にする程度の治療が主です。

それだけ、ワキガに対して偏見も、差別心もないという事が伺えます。

また、ワキガ手術は、外国人に限らず、肌荒れや手術跡などが懸念されます。こうしたリスクも含めて手術に踏み切る人が少ないのでしょう。

ワキガとアポクリン汗腺の関係

日本人はワキガと向かい合う気持ちが大切!

少し前と比較すると国内事情は、変化しつつあります。日本に海外の人が来る事によって、様々な食文化が発展したり、観光分野での経済発展も望めるでしょう。

ですから、海外の方が日本に移住したり、留学したり、旅行したりする事は日本にとってはとても画期的で良い事と言えるのです。

日本人が、ワキガ体質に敏感になるばかり、海外の人が住みにくく、日本に行き来しにくい状況では、日本の経済発展にとってもマイナスな方向に向いてしまうでしょう。

日本人が抱くワキがへの偏見を少しでも取り除くことで、特にモラル面で、日本の活性化につながると言っても過言ではありません。

まとめ

日本人が食の欧米化を加速していく中、比例してワキガ体質の人口割合も増加しました。

そのような中、日本人はワキガに対する価値観を寛大に考えていく必要があるでしょう。

決して、体臭など全く気にしないで生活しようという事ではなく、軽いデオドラント感覚で気軽にワキガケアをしていければ、いくらワキガでも人生を楽しく過ごすことができるでしょう。

そして、日本のワキガデオドラント剤は、海外並に研究を重ねて素晴らしい効果の期待できるものに進化しています。

大げさに言ってしまえば、手術なしでもワキガという事を周囲に知られずに快適に過ごすことが可能なのです。

そしてその中から自分のコンプレックスを解消してくれる逸品を見つけてあげましょう。

wakigakri-muosusume

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ