ワキガ体質をひどくさせてしまうかもしれない!?ヒートテックとの相性は?

ヒートテック

冬でもぬくぬく温かさを感じられるインナーといえば、ヒートテックですね。

これがあるだけで、冬の寒さは乗り越えられるという人が少なくありません。

そんな便利で重宝なヒートテックも、ワキガ体質の人が着用すると、少々問題が生じるかもしれません。

ヒートテックの素材や、機能性を含め、ワキガにどう影響するのかをまとめています。また、ワキガに適した素材も紹介しています。

冬場も注意が必要?冬のワキガ

温かさが持続するヒートテックとワキガの関係とは

ここ数年、ヒートテックの需要は高まりつつあります。

薄手の素材なのに、一枚着るだけで、温かさが持続できるのですから、冷え性や、寒い地域の人はかなり重宝なインナーでしょう。

また、着膨れせずに着用することができるため、冬のオシャレにも影響を与えずに着こなせるのです。

ですが、こうした高機能な製品は、合成化学繊維を使用している事が殆どで、熱を逃がさないようにする構造で、蒸れやすい環境を作ってしまうのです。

ワキガ体質の人や、多汗症ぎみの人は雑菌繁殖の絶好の環境となり、ワキガをひどくさせたり、多汗をひどくさせたりするのです。

ワキガの程度にもよりますが、ヒートテックを着てから、ワキガ臭がひどくなったという人は、インナーの繊維を通気性の良い素材に変えて見ると、においが改善される場合があります。

ワキガ体質なら着用して欲しい繊維とは

ワキガ体質だから流行りのヒートテックは諦めなければならないとすれば、なんだか気落ちしてしまいそうですが、考え方をガラリと変えてしまいましょう。

ワキガ体質であれば、通年綿素材などの通気性良い天然素材を着用するようにしましょう。

特に綿素材は、肌触りも良く、通気に富んでいます。蒸れにくいという点でも、下着として最高の素材です。

服のわきが臭を消す!臭いの付きにくい服の素材や黄ばみ対策

冬にワキガ体質がひどくなる人は衣類の繊維に注意すべき!

ワキガは汗をかきやすい夏にひどくなるイメージすらありますね。

ですが、最近は、冬にもワキガがひどくなる傾向があります。

これは、ヒートテックなどの、熱を逃がさず保温効果抜群の下着を着用する事で、蒸れやすい環境を作っている事も原因の1つです。

「なぜ冬なのにワキガが酷くなっているのだろう…」と疑問に感じているのであれば、ここ数年、冬にはヒートテックを愛用していませんでしたか?インナーの素材選びが、ワキガと相性の悪いものになっていたのかもしれませんね。

他にも気をつけたい!ワキガとの相性が合わない繊維とは?

ワキガとの相性が合わない繊維は他にもあります。

ポリエステルや、ナイロン、毛なども、ヒートテックと同じような環境を作ってしまうため、ワキガ臭をひどくさせてしまいやすいのです。

これらは、寒い時期に風を通さず、良い素材ですが、やはり、ワキガ臭をひどくさせないためにも、綿や、麻などの天然素材を選ぶ事が良いでしょう。

わきがとポリエステルの意外な関係性とは?

まとめ

冬の寒いシーズンに愛用している人も多いヒートテックは、熱を逃がさずに保温してくれるというメリットがある一方で、蒸れやすい環境を作り雑菌繁殖をエスカレートさせます。

まさに、こうした雑菌繁殖こそワキガ体質の人が避けなければならない状況ですから、ワキガのにおいがキツイ人は、避けるべき素材なのです。

wakigakri-muosusume

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ